ガチでスゴ過ぎるOLと生セックスしちゃった体験談(その3)

OLのセフレ

お尻の穴の方からマンコの上の方まで中指でスーッとなぞっていくと、途中から指先に湿り気を感じました。

ふぅぅ〜ん

そう喘ぎ声をあげるりっちゃん。
足の先をくねらせてます。

なんかもう感じちゃってるみたいですよ。

パンティの隙間から指を入れてみると、そこは思っていた以上に既にグチュグチュグチュ状態に。

りっちゃんの服を脱がせて、感度の良いBODYを堪能する僕

さて、そろそろブラとパンティを外してみましょうか。

パンティを脱がして、左手の中指、人差し指をりっちゃんのマンコに挿れるとそこはもう十分に湿っています。

ズブズブ〜って感じで、僕の指はりっちゃんのマンコの奥に入って行きました。

奥のようで指の先っぽをクニクニさせると、それに連動するかのようにりっちゃんも声をあげるんです。

マジ、りっちゃんって感度がいいですね。

彼女がよがってカラダを動かすと、オッパイもゆっさゆっさと揺れるんです。

今までのセックスであんま見た事ない光景です、これ。

ね?りっちゃん。パイズリってアリ?

男の人ってオッパイ、本当好きだよね〜

そう言いながらりっちゃん、僕をうつ伏せにしてパイズリを始めてくれました。
僕のチンチンを両側からオッパイで挟み込みます。

そしてりっちゃんはオッパイを両手で抑えながらカラダを上下に動かしてくれました。

なんかAVあたりでは当たり前に見る光景ですけど、実際に自分がやってもらうとスゴく燃えちゃいます、これ。

ムニュムニュのオッパイに挟まれたチンコ。
これ、ある意味マンコより気持ちいいかも。

ね?フェラもする?したげよっか?

こうりっちゃんが聞いて来ます。

あ、はい。フェラチオも大好物です。
さっきの鯉の口みたいにジュバジュバって感じで吸ってもらえると嬉しいですね。

僕が遠慮なく「して〜!」って言うとりっちゃん、ニヤニヤしながら右手で握りしめていたチンチンをしゃぶり始めました。

りっちゃんの手って、なんか柔らかくて優しい。

その手と吸う力がスゴいフェラチオが組み合わさっちゃったんです。
こりゃ気持ち良くない訳ないですよね。

チンチンをしゃぶり続けるりっちゃん。

僕が右手でりっちゃんのマンコをいじってると、次第にそのお尻は僕の顔の方にやってきました。

だから僕はりっちゃんのお尻を自分の顔の上に持って来たんです。

69の形になったので、僕は顔をあげてりっちゃんのマンコにしゃぶりつきました。

もう二人でお互いの性器をしゃぶりあってるもんですから、部屋の中ではチュウチュウとかジュバジュバっていう下品極まりない音が響いてます(笑)

名古屋セフレりっちゃんの極上ボディ。これは生セックスしないともったいない

ね?りっちゃん。生でもいい?

僕がこう言うと、りっちゃんはしばらく無言。

少しヤバかったかな?と一瞬そう言ったのを後悔しましたけど…。

りっちゃん、中で出さないんならいいよって言ってくれました。

やっぱ、りっちゃんってスゴいOLですわ。

やっぱスケベ病から僕の命を救ってくれる女神様に違いありませんね。

たっぷりクンニをしていたのでりっちゃんのマンコは既にチンチンを受け入れる準備が出来ちゃってます。

僕は僕で、りっちゃんのパイズリとフェラチオでビンビン状態。
そう言う事で遠慮なく、僕は生でりっちゃんのマンコに挿入させていただきました。

おお〜、オッパイとおんなじでマンコの中の方ももふくよかな肉って感じ。

マジ、気持ちええ〜。

なんかチンコがマシュマロに包まれたような錯覚になっちゃいましたね。

最初は正常位で挿れたんです。

腰をパンパン動かしている途中で、僕はりっちゃんに抱きついてピストン運動を続けました。

濃厚セックス

抱きついたもんですから、オッパイが僕の上半身に当たるんです。

しかもピストン運動のたびにオッパイがムニュムニュって感じに。
これ、男なら嫌いな訳がないですね。

それに圧巻だったのが騎乗位ですね。

りっちゃんってば騎乗位が好きなのか、その腰の動かし方がガチでハンパないんですよ。

だから当然、Fカップのオッパイもブルンブルンって揺れちゃってます。

あんまりにもその揺れ方が激しいもんだから、こりゃ大変だと思って僕は下からりっちゃんのオッパイをわしづかみにして支えてあげました。

途中、乳首を指でコリコリしちゃってあげます。

そんな感じで乳首を刺激するとりっちゃんの喘ぎ声もちょっと高い声になっちゃったりするんです。

バックもなかなかでしたよ。

バックでオッパイをもみながらすると、僕の神経はチンチンと手のそれぞれに分散されます。
ある意味僕はちょっとしたパニック状態(笑)

セックス後にりっちゃんと一緒にお風呂へ。そしたらまたしたくなり…

ひととおりセックスを楽しんだ後は恋人のようにイチャイチャタイムに突入です。

とりあえず、僕とりっちゃんはお風呂に入っちゃいました。

ところでみなさん、オッパイって水に浮くって知ってました?

バスタブに入ってりっちゃんと向き合っていると、オッパイが明らかに浮いているのが分かりました。

なんか湯船に浮かぶオッパイって妙にエッチなんですよね。
それを見て僕は、またまた我慢が出来なくなっちゃったんです。

どうやら僕のスケベ病って、りっちゃんと一緒にいると治るところか悪化しちゃうのかもしれません(笑)

僕はりっちゃんの後ろに回り込んでオッパイを両手で揉みしだいてました。
お風呂で巨乳の女の子を後ろから抱くのって、今まで憧れてたんですよね〜。

とたんに僕のチンチンはまたムクムクとして来ちゃってたんです。

それに気が付いたりっちゃん。
ちょっと腰を上げて湯船の中でチンチンをマンコに挿入してきました。

最初はゆっくりと腰を動かしてたりっちゃん。

でも途中から激しく動くもんですから、湯船からお湯がジャバジャバと溢れちゃってましたよ。

で、ふとお風呂の中を見渡すとマットが置いてあります。

ね、りっちゃん、マットプレーってしてくんない?

僕がそう言うと、りっちゃんは自分のカラダに泡立てたボディソープをたっぷりと付け始めたんです。

で、マットの上に横たわる僕の上で、カラダをグラインドさせます。

巨乳とボディソープの組み合わせ。
いや〜、これマジで最高でしたよ。

しかも今回のセックスってタダマンじゃないですか。

そんな感じでスケベ病から救われた僕。

たぶん、僕が生き延びていくにはりっちゃんの存在は欠かせないって僕は思ったんです。

だからラブホから出るとき、りっちゃんにLINEのIDをお願いして教えてもらったんですね。

ってな事で、ちょっと死にそうかも?って思った時はサクッとりっちゃんにLINEを送って誘ってます。

ハッピーメールってもっと発掘していくとスゴいセフレって見つかるかもしれません。

俺ってスケベ病かも?って思ってる人。
ハッピーメールでOLあたりを探してみてはいかがですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました